保険金から生命保険 比較する

死亡した時などで保険金を請求することができますが、もしも忘れてしまった時にはどうすればいいでしょうか。とりあえず保険会社へ相談していくことになりますが、対応について生命保険 比較をしていくようにしましょう。

そもそも生命保険金などを請求していく権利というのは、一定の期限を設けています。法律でも定まっていますが、例えば債権であれば民事債権で10年間、そして一般商事債権だと5年間となっています。権利を行使しないと時効で消滅するケースもあります。

そして生命保険金について請求する権利を見ていくと、時効は3年となっています。保険会社で設定している普通保険約款を見ていくと、時効は別に規定として設けており、3年間は有効となっています。そのため保険会社でも説明をしっかりと行っているか判断していくことも重要となっていきます。

生命保険 比較をしていく時に、保険内容について説明を明確に行っているか確認することも大切で、どうしても連絡がない時には常に保険会社へ連絡することもあります。

亡くなった親族名義の生命保険について、保険金請求がない時などで時効になるといけませんので、保険会社へ問い合わせて、スムーズに対応できるか知っておくといいでしょう。